本記事に対する一般の方からのお問い合わせには対応しておりません。
法人様は弊社のセキュリティ対策サービスをご利用ください。

最近、インターネットバンキングを利用している人に、不正送金のトラブルが発生しているというニュースをよく耳にします。 金融機関側でも、送金先の新規登録をすぐに行えないように工夫するなど、いろいろ手段を講じてくれていますが、まずは、ご自身で安全を確保することが大切です。 今回は、インターネットバンキング操作を行うパソコンの安全性を確保する上で、最低限行う必要がある5つのポイントについて説明します。

1.Windowsをいつも最新に

Windows XPを使うのは論外です。そして、サポート対象のOSを使っている人でも、Windowsを常に最新にしておく必要があります。
「Windowsを最新にする」とは「セキュリティ対策に必要な重要な更新プログラムやコンピューターの使用感の向上に役立つ推奨される更新プログラムを適用する」ことを言います。そして、それはWindows Upadateで実現できます。
たとえば、Windows 8/8.1のWindows Updateの利用手順は
Windows Update 利用の手順 – Windows 8 / Windows 8.1 の場合
に詳しく説明されています。
また、このページには、他のOSの説明ページへのリンクも記載されていますので、まずは上記のページへアクセスしてみてください。
ちなみに、更新プログラムは、基本的には月に一度リリースされます。 リリースのスケジュールは、
http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/hh224643.aspx
で確認できます。

Windows Update

2.ウイルス対策ソフトを導入する

ウイルス対策ソフトを導入していない状態を「丸腰」(と私が勝手に)呼んでいます。
ウイルス対策ソフトには、無料のものから有料のものまでさまざまな種類がありますが、選択のポイントは、
・サポートがしっかりしていること。
・ウイルスの検出率が高いこと。
・導入により、遅くなるなどのパソコンの操作に支障が起きないこと。
です。こちらの記事もご覧ください。
なお、Windows 8には、Windows Defenderというウイルス対策ソフトが標準装備されています。Windows 7にも同じ名前のソフトがありますが少し種類が違うようです。Windows 7の場合は、Microsoft Security Esseintials がそれに相当します。
丸腰でインターネットへ接続し、ホームページを見たり、メールのやり取りを行うのは大変危険です。

Microsoft Security essentials

3.Adobe Flash Playerは常に最新に

ホームページ上で動画を閲覧する際に使用するソフトですが、脆弱性の発見と更新プログラムのリリースが頻繁に行われています。
これまでも、Adobe Flash Playerの脆弱性の影響で、ウイルス感染した事例が数多く報告されています。
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
から、今すぐ最新のFlash Playerを入手してインストールしてください。

Adobe Flash Player

4.Adobe Readerは常に最新に

Adobe ReaderはPDFを開くためのソフトです。
こちらも、脆弱性の発見と更新プログラムのリリースが頻繁に行われています。これまでも、Adobe Readerの脆弱性の影響で、ウイルス感染した事例が数多く報告されています。 http://get.adobe.com/jp/reader/
から、今すぐ最新のFlash Playerを入手してインストールしてください。
なお、インストールの際は、必要のないソフトを同時にインストールしないように画面をよく確認しながら進めてください。

Adobe Reader

5.Java(JRE)は常に最新に(注意事項あり)

Javaは一部のゲームや、Open系のOfficeソフトの「すべての機能を利用する場合」に必要なソフトです。必要なければアンインストールするのが一番ですが、必要なのかそうでないのかは見極めがむつかしいです。電子入札や国税電子申告・納税システム(e-TAX)でも使用していますのでご注意ください。
もし、Javaが必要であるならば、こちらも更新に注意する必要があります。Javaも脆弱性の発見と更新プログラムのリリースが頻繁に行われています。これまでも、Javaの脆弱性の影響で、ウイルス感染した事例が数多く報告されています。
http://java.com/ja/download/
から、今すぐ最新のJava(JRE)の最新版を入手してインストールしてください。
ただし、Javaについては、特に、前述の電子入札や国税電子申告・納税システムにおいて利用可能なJavaのバージョンが指定されていることが多いので、バージョンアップの際は必ずそれらの情報サイトで確認してください。
なお、インストールの際は、必要のないソフトを同時にインストールしないように画面をよく確認しながら進めてください。

Java

最後に

さて、ここまでのお話で、すでにおなかがいっぱいになった人も多いかと思いますが、しなければならないことはまだまだあります。
このサイトでも何度か紹介しているIPA(情報処理推進機構)が提供する
ウェブ閲覧やファームウェア更新でのウイルス感染に注意
「 インターネットバンキング利用時の勘所を理解しましょう! 」
などを読んでトラブルに会わないように注意してください。

なお、弊社では、法人様向けにセキュリティソフトの販売や設置・設定を承っております。
ご相談、お見積り依頼など、お気軽にお問い合わせください。
電話 025-522-00076