最近、大きな話題となった日本年金機構の情報流出事件を機に、あらためて標的型攻撃の脅威がクローズアップされました。

これまでは、企業内の端末にウイルスソフトをインストールし、無線LAN接続についてはSS-ID・パスワード等の設定で対応済と考えている場合がありました。しかしそれだけでは限界もあり、結果的には、重要なデータ消失や流出という形で、時間とともに被害が広まるケースが見受けられます。

標的型攻撃に向き合う今の時代においては、ウイルスソフトの導入だけでは不十分で、感染後の「後工程」に目も配ることが求められています。
事態をいち早く把握し、影響範囲を特定して封じ込めるという一連の作業に対応できる環境と体制を整えることが、今、重要になってきているのです。

今回、ご紹介する「NetSkateKoban Nano」(キヤノンITソリューションズ社)では、
「検出」→「封じ込め」→「管理者様状況把握」
を容易に行う事ができます。

netskatekobannano

 

重大なセキュリティ事故の発生は、いまや企業の事業継続そのものを脅かします。
事故発生の前に、できる限りのセキュリティ対策を講じることをお勧めします。

「NetSkateKoban Nano ご提案」の詳細については、こちらのPDFをご覧ください。

ご相談、お問い合わせは、弊社までお気軽にどうぞ。