IPA(独立行政法人情報処理推進機構)より、標的型攻撃メールに関する非常に興味深いレポートが公開されました。

IPAテクニカルウォッチ「標的型攻撃メールの例と見分け方」

最近では「標的型攻撃メール」による手口が巧妙になってきていて、ITに慣れ/不慣れにかかわらず、引っかかってしまうケースが多くなってきています。

詳細は、上記のリンクに掲載されたPDFをお読みいただきたいのですが、例えば、下図のように、就職活動に見せかけたものは、それが本物かどうかは開いてみないとわからないような体裁になっていて、開いたときにはアウト!ということになってしまうというくらいの完成度です。

ipa_figure
多くはウイルス対策ソフトで対応できるかもしれませんが、新種のウイルスの場合、ウイルス対策ソフトでは検出できず、感染を許してしまうものもあります。

特に添付ファイルについては十分な注意を払いながら開く必要があります。

当社では、法人様向けに、セキュリティソフトの販売から運用サポートまで、セキュリティに関する幅広いサービスを行っております。運用サポートサービスでは、上述のような怪しいメールの取り扱いに関する助言も致します。
お問い合わせは、025-522-0076までお気軽にどうぞ。