先日、Windows Updateが公開されたばかりですが、7月21日に、マイクロソフトから緊急度が最高レベルのセキュリティアップデートが公開されました。

詳細は こちら をご覧ください。
MS15-078
CVE-2015-2426

Microsoft フォント ドライバーの脆弱性に起因するもので、この脆弱性を利用し細工が施されたファイルをパソコン上で開くと、リモートコードが実行され、パソコンが乗っ取られ情報漏えいのリスクが発生します。
対象は、現在サポート中のWindowsのすべてのバージョンです。

インターネット上では、すでにこの脆弱性に対する攻撃手法が存在していて、セキュリティ会社も注意を呼び掛けています(英文)。
picrure

直ちにWindows Updateを実行してください。

当社では、上越地域の法人様向けに、パソコンやサーバーのセキュリティサービスを承っております。
電話 025-522-0076 まで、お気軽にお問い合わせください。