2014年4月9日に、マイクロソフト社によるWindows XPのサポートが終了します。

「サポート終了に潜む危険」とその対策としての「信越情報がおすすめするWindows 7」についてご紹介します。

bnr_xp_office2003

サポート終了に潜む危険とは

・2014年4月9日以降は更新プログラムが配信されません。
セキュリティパッチが提供されなくなることで、ウイルスの感染や、攻撃を受ける危険性が高まり、個人情報や取引情報の漏えいや、パソコンの停止による業務の停止で事業継続に営業がでる場合があります。
・不具合への対応が行われません。
2014年4月9日以降に発生するソフトウェアの問題への改修対応が行われなくなります。長年にわたり、問題なく使ってきたソフトウェアなので、可能性としては低いですが、それでもゼロではありません。問題が発生した場合「やりたいことができない!」という事態になる可能性があります。
・新しいソフトウェアが使えないことがあります。
これから世の中に出てくる新しいソフトウェアが、サポートの終了したOSには対応しないケースがあります。せっかく使おうと思っていたソフトウェアが使えないことも。

信越情報がおすすめするWindows 7

・より安定した動作環境。
・Windows XPとの互換性を高く維持する環境 XP Modeが利用できます。
・ハードウェアの更新で、処理性能が大幅に向上し、今までの「待ち」のイライラから解放され、作業効率が向上します。

信越情報では、お客様のニーズに合わせたハードウェアの選定から現環境のソフトウェアデータの移行作業を全面的にバックアップ。
お見積りは無料です。下記までお気軽にお問い合わせください。
電話 025-522-0076
※サポート終了間際にはご依頼が殺到することが予想されます。早めの切り替えをお勧めいたします。