ウイルス付きではなく、メール本文のリンクからフィッシングサイトへ誘導し、そこで入力する情報を搾取しようとするタイプの危険なメールです。

そもそもが、英文なので、気にしない人も多いかもしれません。
英文を読んでしまうとそこには、

アップルいTunesの警報メールが1通あります。
iTunesアカウントサイトを訪れるために、以下のリンクをクリックしてください。
Apple iTunes(http://www.igk.com/1apple.html)

メールはHTML形式なので、URLは表示されていません。
マウスを合わせると、メールソフトによってはURLが表示されるかもしれませんので、まずはそで「あやしいぞ」と思ってアクセスしないのが危険回避の1つ目のチャンスです。

もし、サイトにアクセスしてしまうと、下のような画面になります。

ほぼ完璧な日本語ですが、よく見れば怪しい部分があります。
ここで「あやしいぞ」と思って、ブラウザを閉じるのが危険回避の2つ目のチャンスです。

そして、決してやってはいけないのが、Apple IDとパスワードを入力して、「サインインをしてApple IDを確認」をクリックしてしまうことです。
情報が送られた先では、本物のAppleのサイトへ入力されたIDとパスワードでログインし、パスワードを変更した後、あとはやりたい放題です。iPhoneを使っていれば、iPhoneを乗っ取られてしまうかもしれません。

パソコンに導入されているウイルス対策ソフトによっては、フィッシングサイトへアクセスする際にブロックしたり、IDとパスワードを入力して「サインインをしてApple IDを確認」をクリックした時点でブロックしてくれるかもしれません。
ウイルス対策ソフトは、ウイルスの駆除だけではなく、フィッシングサイトへのアクセスのブロックや、重要な情報の漏洩のブロックを行ってくれるものがありますので、必要に応じてそれらの機能を有するウイルス対策ソフトを導入するとよいでしょう。

当社では、対象地域の法人様向けに、統合型のウイルス対策ソフトの導入支援などの「セキュリティ対策サービス」を有償で提供しております。

お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。