いよいよ、7月29日にWindows 10のアップグレードサービスが開始されます。

1

Windows 8に不満を持たれる方や、いち早く最新のOSを使ってみたい方にとっては、心待ちにしていた日が間もなくやってくるわけですが、Windows 10へアップグレードすることで、問題が発生する場合もあります。
使用しているパソコンのスペックや業務アプリケーション、ハードウェ用のドライバー(プリンタードライバーなど)がWindows 10に対応していることを確実に確認するまでは、企業や学校で業務として利用しているパソコンについては、Windows 10にアップグレードしないことを強くお勧めします。

すでに、多くのソフトウェアメーカーやハードウェメーカーが、Windows 10へのアップグレートをしないように、または、アップデートなどの対処を行ってからアップグレードするように注意喚起を行っています。

Windows 10へのアップグレードで発生する具体的な問題とは…。

  • ハードウェアのスペックの不足で起動しなくなる、または、動作が遅くなる。
  • 業務アプリケーションが動かなくなる。
  • ウイルス対策ソフトが動かなくなる。
  • 印刷ができなくなる。
  • 動画の再生ができなくなる。
  • 地デジチューナー内蔵のパソコンでテレビが見られなくなる。
  • 操作方法が変わり、従来通りのスピーディーな操作ができなくなる。
  • ハードディスクの利用可能な容量が少なくなり、業務に支障が出る。

などなど。
致命的な問題が発生した場合は、業務がストップし、ビジネスに影響が発生してしまいます。

Windows 10へのアップグレードの際は、十分ご注意ください。

信越情報では、当社より機器やソフトウェアをご購入いただきましたお客さまには、Windows 10に関するご相談、アップグレートの検証や実際のアップグレード作業を承っております。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。
なお、ご依頼いただく内容によって有償の作業となる場合があります。