仮想デスクトップソフトメーカーのParallels社とGoogle社との提携により、2020年秋より、企業向けのChromebook(Chrome Enterpriseデバイス)で、フル機能の業務向け Windows アプリケーションが利用可能になると、Parallels社が発表しました。

Parallels と Google の提携により、Chrome Enterprise で、フル機能の業務向け Windows アプリケーションが利用可能になります

 

ハードウェアの追加コストを抑えながら、Microsoft Office などフル機能の Windows アプリケーションがChromebook Enterpriseデバイス上で利用できるようになります。