FFFTPの正しい使い方のポイントです。

●最新版を使いましょう。
2013年7月27日現在の最新版は1.98gです。
ダウンロードはこちらから。

●暗号化通信を使いましょう。
サーバーが暗号化通信に対応している場合は、FFFTPも暗号化通信設定で利用しましょう。
暗号化方式には、
・FTPS(FTP over SSL)
・SFTP(SSH FTP)
・SCP(Secure copy)
があります。サーバーでサポートしている方式を使いましょう。

FTPSの設定例
FTPS設定例

 

●マスターパスワードを設定しましょう。

マスターパスワードを設定しないでFFFTPを使っていると、レジストリやiniファイルに保存されたパスワードが比較的簡単に解読できてしまいます。これは、パソコンがウイルスに感染した場合に大変大きなリスクとなります。マスターパスワードを設定すると暗号化の強度が増し、パスワードの解読が困難になります。
FFFTPを使うときは、マスターパスワードを必ず設定しましょう。

<豆知識>
「設定をレジストリではなくiniファイルに保存する」設定を行った場合、iniファイルは、Windows Vista/7/8の64bitOSの場合、
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\VirtualStore\Program Files (x86)\ffftp
の下にffftp.iniという名前で存在します。