今回は、Windows 8(8.1)を使いやすくするための設定についてのお話です。
特に、Windows XPや7からWindows 8に移って困っている方向けの情報です。
できるだけ他社のソフトは導入せずに、Windowsが提供する機能を利用します。

1.Windows 8.1にアップデートしましょう。
まずは、Windows 8.1にアップデートしましょう。いくつか機能が追加・改善されています。
以下で説明する内容は、Windows 8.1になっていることが前提です。

2.スタート画面をスキップする。
パソコンを起動して表示されるスタート画面をスキップして、いきなりデスクトップを表示することができるようになりました。
設定方法:
(1)スタート画面で、「デスクトップ」タイルをクリックし、デスクトップへ移動します。
(2)タスクバー上でマウスを右クリックし、表示されたメニューから「プロパティ」をクリックします。
(3)「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」ウィンドウが表示されますので、「ナビゲーション」タブをクリックします。
(4)画面の中ほどに、「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する(D)」のチェックをONにします。
「OK」ボタンをクリックすればよいのですが、以下においても同じ画面での設定を行いますので、画面はそのままにしておいてください。

3.デスクトップのスタートボタンを押したらアプリ一覧が表示されるようにする。
デスクトップの左下にスタートボタンが常時表示されるようになったWindows 8.1ですが、Windows XPや7のように、クリックするとスタートメニューが表示されるわけではありません。スキップしたはずのスタート画面に戻ってしまうのです。
スタートボタンをクリックしたときに、すべてのアプリの一覧を表示できる「アプリビュー」を表示するように設定することで、”大きなスタートメニューを表示する”ようにできます。
設定方法:
(1)2の「設定方法」の方法で「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」ウィンドウを表示します。
(2)画面下部の「スタート画面への移動時にアプリビューを自動的に表示する(s)」と「アプリビューからの検索時にアプリだけでなくすべての場所を検索する(S)」のチェックをONにします。
「OK」ボタンをクリックすればよいのですが、以下においても同じ画面での設定を行いますので、画面はそのままにしておいてください。

4.アプリビューを「カテゴリ順」に表示したときに、デスクトップアプリを最初の方に表示する。
3で表示されたアプリ一覧画面では、名前順や使用頻度順などの「表示順の種類」を指定できます。その種類を「カテゴリ順」にしている時に表示されるアプリについて、デスクトップアプリを最初の方に表示することができます。似たような名前の「アプリ」(デスクトップアプリではないアプリ)を間違って選んでしまうというミスを少なくできます。
設定方法:
(1)2の「設定方法」の方法で「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」ウィンドウを表示します。
(2)画面下部の「アプリビューをカテゴリ順に並べ替えた時に、テスクトップアプリを先頭に表示する(F)」のチェックをONにします。

タスクバーとナビゲーションのプロパティ

以上の設定が済んだら、「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックします。
これで、Windows XPや7の操作性に少し近づいたのではないかと思います。

最後に、これは設定の必要はないのですが、スタートボタンの右クリックで表示される特別なメニューがあり、そこから「コントロールパネルへの移動」や「シャットダウンや再起動」が簡単にできるというツボを覚えていれば、もうWindows 8に苦しめられることはなくなります。

メニュー