1月14日、GoogleからiPhoneとAndroidの各スマホ向けに、Google翻訳の最新版がリリースされました。

今回のリリースの目玉は2つ。

一つ目は、Word Lens。看板や紙に印刷された文字にカメラを向けるだけで翻訳されます。なんと、インターネット接続がなくても翻訳でき、文字は手書きでもOK!
ただし、現バージョンでは日本語に対応していません。

二つ目は、音声会話モード。このモード(2つの言語を選んでマイクアイコンをタップするだけ)にして音声入力にて会話を始めると、選択した2つのどちらの言語で発声されているかを自動認識して翻訳してくれます。翻訳結果は文字でも音声でも確認でき、こちらは日本語にも対応しています。

google_realtime_translator

んーー、もうスマホは手放せないツールになりました。