「テレビ」は、地上波やBS、CSなどの放送や、HDDレコーダーに録画した番組などを見るためのものですが、「最近、面白い番組がない」とか、「録画が面倒」とか、「BSやCSの有料契約は料金が高いので」などの理由で、テレビ離れが進んでいるような気がします。

インターネットを利用すれば、安価に、見たい番組を見たい時間に見られるというメリットがありますが、見る装置はパソコンやスマホなどの小さい画面であることが残念なときもあり、これが「リビングの大型液晶テレビで見られたらなあ…」と思うこともあるのではないでしょうか?

最近のテレビは、テレビ自身にYoutubeHuludビデオなどのインターネットコンテンツを表示できる機能を持っているものがありますので、その機能を使えば、大型液晶テレビでインターネット上の映像コンテンツをすぐに見ることができますが、その機能がないテレビをお持ちの方もいらっしゃるのではないかと思います。

そのような方への、「大型液晶テレビ」の新しい使い方をご紹介します。

必要なものは、

  • 大型液晶テレビ(HDMIポート搭載)
  • ChromecastとUSB電源
  • パソコンやスマホ、タブレット
  • 無線LAN環境

注意:HDMIポートではなくD端子しかないテレビの場合は、HDMI-D端子変換アダプターを使用するとか、Chromecast以外のキャストデバイスを使うなど、上記以外の環境でも可能ですが、それはまた別の機会に。

となります。

さて、これらをどんな感じで構成するかというと、言葉で説明するとわかりにくいので、今回は手書きの絵でご案内します。

構成図

こんな感じです。

補足として、

  • パソコンやスマホで各コンテンツを見るためには、それぞれのサービスの契約が必要です。
  • Chromeastの初期設定が必要です。セットアップ紹介ビデオはこちら
  • パソコンで再生するコンテンツをキャストする場合は、あらかじめChromecast拡張機能をインストールしたChromeブラウザを使用してコンテンツを再生します。

これで、今年の年末年始は大型液晶テレビが大活躍間違いなしです。