2017年9月1日に4.4km大きさの惑星「フローレンス」が地球の近くを通ります。
「近く」はどれくらいかというと約700万kmで、地球と月の間の18倍の距離です。
こんな感じ。

これが、地球にぶつかっていたら…。
6600万年前、メキシコの東海岸に落ちて恐竜を絶滅させた惑星は10kmと言われています。それよりも小さいですが、人類を滅ぼすにはじゅうぶんな大きさです。

この惑星「フローレンス」の次回の地球近辺の通過は2500年後とのこと。

NASAのページ(英文)はこちらです。