きょうは少し夢のあるお話です。

パロット社は、アンリ・セイドゥが1994年に創業した会社で、NYSEユーロネクストパリに2006年に上場、本社をパリに構え、現在、世界に850人以上の従業員を配しています。

そのパロット社が、第4四半期に(今年の10月~12月のどこか?)、満を持して発売するのが、Bebop Droneです。
プロテクターを付けていないと↓こんな形をしています。

Bebop Drone

カメラ付きの軽量ドローンです。
何がすごいかというと、

  • 1400万画素のHDカメラ
  • 180度魚眼レンズ
  • スマートフォンで映像をリアルタイムで確認(WiーFi)しながら操縦できる
  • 12分の飛行時間
  • 高性能デジタルスタビライザー(映像安定化技術)
  • GPS機能

撮影した映像や、撮影の様子はYoutubeで見ることができます。

さらに、このBebop Droneは、↓こんな感じで、撮影する際にヘッドマウントディスプレイ(Oculus Rift)を装着すると、まるで自分が空を飛んでいるかのように撮影ができます。

Bebop Drone

さらにさらに↓この機械(Skycontroller)、Wi-Fi出力のブースト機能を搭載していて、2kmも向こうにあるBebop Droneを操縦できるんだそうです。(日本では法律の問題で使用できないかも)

Bebop Drone

気になるのは価格ですが、まだ発表されていません。
発表になったらこのページでご紹介するかもしれません。

ちなみに、AR.Drone 2.0というドローンがAmazonで購入できます。

Droneで撮影した動画を集めたサイトは↓こちらです。
Travel By Drone

なお、弊社はパロット社の代理店ではございませんので、弊社からのご購入はできません。