結論から言うと、実用に耐えられます。再現性、編集とも、完成度は高いです。
残念なのは、プレゼンテーションの命?とも言えるWord、Excelとの共通の問題の「フォント」でしょうか。

テキスト、画像、表、グラフ、図形、縦書きテキスト、スライドの切り替え装飾、アニメーションなど、必要な機能は表示においても、編集においても正常に動きます。

細かい点を言えば、縦書きテキストボックスにおいて、半角の文字を入力すると、最終的な表示が横向きになってしまうことです。ただし、全角では正しい向きの表示になりますので、なんとかなりそうです。

chromebook_powerpoint1

Chromebookは携帯性にすぐれ、HDMIのポートもあるので、現時点でPowerPointが実用段階に達していることは、意味があることなのかもしれません。
なお、Chromebookを持ってプレゼンにお出かけの際は、HDMI-VGAの変換コネクタをお忘れなく。