Microsoft社は5月27日(日本では28日)、「Windows 10 バージョン2004(May 2020 Update)」の製品版を一般公開しました。

いくつかの機能改善と、バグフィックス、セキュリティ対応が行われたバージョンとなります。

「Windows 10 バージョン2004(May 2020 Update)」製品版が登場 まずは「オプション更新」として順次配信(ITmedia)

現在のリリー版では、いくつか既知の問題が確認されているようですので、積極的なアップデートは行わず、ご利用のパソコンのWindows Updateの項目に表示されるのを待ってアップデートを行ったほうが良さそうです。

また、アップデートにあたってはWindows単体の問題だけでなく、パソコンにインストールして使っているソフトウェアの対応状況も確認する必要があります。
アプリが起動できなくなるだけでなく、場合によっては、アプリとの組み合わせの影響でWindowsが起動できなくなるような深刻な状況になることも予想されます。
特に、ウイルス対策ソフトやブラフィック関係のアプリについては、アプリ提供元から発信される情報を確認することをおすすめします。

例)
トレンドマイクロ社の法人向けアプリのWindows 10 May 2020 Update 対応予定

 

信越情報では、対象地域の法人様向けに、当社で導入させていただいたパソコンやサーバーの安定的な運用のサーポートやウイルス対策ソフトの導入支援などを有償で提供しております。

お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。