DVDプレイヤー(ハードウェア)を標準で搭載したパソコンを購入した方にはあまり関係のないお話ですが、なんと、Windows 8にはDVDを再生する機能がありません。
最近のパソコンにはDVDプレイヤーがついていないものもあって、その場合は、外付けのDVDプレーヤーをUSB接続して使うわけですが、そんな時にはまってしまいます。

Windows 7やWindows XPではできていたので、なぜ?という感じなのですが、できないのです。

では、どうするかというと、有料または無料のDVD再生用デスクトップアプリケーションをインストールする必要があります。
この記事の冒頭で、「DVDプレイヤー(ハードウェア)を標準で搭載したパソコンを購入した方にはあまり関係のないお話ですが、」と申し上げましたが、そのケースでは、DVDプレーヤーに簡易型のDVD再生用ソフトが付属している場合が多いからです。

無料のソフトについては、「Windows8 DVD 再生」などでGoogle先生に聞いていただいて、ご自身の責任のもと導入いただくとして、ここではMicrosoftの有料ソフトによる手順について説明します。

Microsoftが提供する手段を使ってWindows 8でDVDを再生するには、Windows Media Center(800円)が必要になります。なお、Windows Media Centerを導入するためにはWindows 8 Proでなければなりません。
Windows 8(Proではない)を使っている場合は、Windows 8 Pro Pack(12,800円)にアップグレードすることで、Pro化とWindows Media Centerの導入が同時に実現できます。

追加方法は、
Windows に Windows 8 Pro Pack または Windows 8 Media Center Packの追加方法
をご覧ください。

Windows Media Centerをインストールしたら、Windows Media Centerを起動してDVDを再生します。
Windows 8にもWindows Media Playerがインストールされていますが、Windows Media Playerでは再生できませんのでお間違いなく。

今日は、Windows 8でDVDを再生する方法のお話でした。